スピーキングテストとは? 失敗しないための選び方

「TOEIC® L&R TESTのスコアは高いのに、ビジネスの現場で英語があまり話せない人材が多い」―――。

この課題解決のカギとなるのが、近年多くの企業で導入が進んでいる「英語スピーキングテスト」です。

以下では、英語スピーキングテストとは何か、どんな種類があるのか、人材登用や人材育成においてどんなメリットがあるのかについて、ご紹介しています。

スピーキングテストの導入を初めて検討されているHRご担当者様、現在採用している英語力評価制度が十分ではないと感じているHRご担当者様は、ぜひご一読ください。

スピーキングテストとは、どんなテストか

スピーキングテストとは、英語を口頭でアウトプットする力を測るテストです。

車の運転免許試験には、座学で学科教習を受けて、その「知識」を測る学科試験と、実際に車を運転する「スキル」を測る技能試験がありますが、英語も同様に考えるとイメージしやすいと思います。

運転免許の学科試験のように、英語の「知識」を測るのに適しているのが、TOEIC® L&R TESTのような試験です。これに対して、運転免許の技能試験と同じように、実践でいかに英語を話せるかという「スピーキングスキル」、口頭による英語の運用能力を測るのが、スピーキングテストです。

なぜ今スピーキングテストが注目されているのか

日本の多くの企業では、社員の英語力を測る指標として、TOEIC® L&R TESTのような試験を社内英検として採用しています。しかし、「高い点数を取っているのに、実際のビジネスの場で、思うように英語が話せない」という話をよく聞きます。

たとえば高得点とされる800点以上を取るような人のなかにも、海外出張や海外赴任に即、対応できる人から、国内であっても仕事上の英語のやり取りが難しい人まで、スピーキングの力には非常にばらつきがあります。

スピーキング力を測らないテストというのは、技能試験がない運転免許試験のようなものです。車が動く仕組みも、交通法規も、知識はすべて頭に入っていても、ハンドルを握って道路に出たときの、運転技術は未知数です。

これまで「知識」を測る英語の試験は実施していても、「スキル」を測るスピーキングテストまで実施していないケースが多く、近年このスピーキングテストに大きな注目が集まっています。

なぜTOEIC® L&R TESTが多く採用されているのでしょう

多くの企業が導入している同テストは、知名度が高く、世界中で信頼されている英語力評価テストです。「聞く」英語力と、「読む」英語力を測定することができます。

同テストには、スピーキングやライティングの試験もありますが、日本ではリスニングとリーディング試験の受験者が圧倒的に多く、ビジネスパーソンでもそちらをイメージする人が多いようです。

受験結果は、10点から990点まで、5点刻みで表示されますので、学習による力の伸びが見えやすく、この点も多くの企業で採用されている理由でしょう。

<参考>
日本でTOEIC® Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)の発表によると、2020年度のTOEIC® Programの総受験者数は約169万人。うち、TOEIC® L&R TESTの受験者数が、約153万3,000人を占めています。
https://www.iibc-global.org/iibc/press/2021/p172.html

具体的に現状の何が問題なのでしょう

HR担当者の目線で見ると、せっかく社内英検を導入して社員の英語力向上を図っているのに、思ったほど成果が上がらないという悩みがあります。「テストで高得点を取っているのに、実際のビジネスの場では、期待したほど英語が話せない人材が多い」というのです。つまり、「必要な英語力が適切に測れていない印象を受ける」という問題です。

こういったテストは、英語の‘基礎体力’を測るのに優れています。しかし、「英語の知識=スピーキング力」ではないため、人事が本当に知りたい「社員の英語コミュニケーション力」は把握できません。どの社員にどの程度、英語でのビジネスにおける即戦力があるのかといったデータも蓄積されず、適切な人員配置や海外要員の選抜に活用できないという、ジレンマにつながっています。

ひるがえって受験者からは、「仕事のかたわら時間と労力をかけて勉強し、高得点を取ったのに、仕事でのスピーキング力が伴わない」という声が聞こえてきます。努力が実践力の向上につながっていないため、当人のモチベーションや、継続的なスキルアップにも、マイナスの影響が出かねません。

スピーキングテストの導入が解決策

人事が知りたい社員の英語力の実態と、今採用している試験で測定できる英語力の間に、ミスマッチやギャップはないでしょうか。心当たりがある場合は、早急な解決が必要です。ビジネスの現場で求められる社員のスピーキング力獲得に向け、スピーキングテストの導入が一助となります。

スピーキングテストを導入するメリット

「読む・聞く」力を測る試験に、スピーキングテストを加えることで、「英語の知識≠英語を話す力」であることが、改めてはっきりと実感できます。それが新しいスタートラインです。
スピーキングテストを通じて、社員のスピーキング力を把握することで、人事管理や人材育成において、また受験者自身にとっても、さまざまなメリットが生まれます。

法人ご担当者様のメリット①:より適切な人材登用が可能に

社員の英語スピーキング力を適切に診断することで、以下のような場面で適材適所の人材活用が可能になります。

  • 海外赴任者の選抜
  • 幹部候補生の育成プログラム対象者の絞り込み
  • グローバル戦略のための若手有望人材の発掘
  • 海外とやり取りがある部門の人材配置
  • 採用予定者や内定者の能力測定

法人ご担当者様のメリット②:より効果的な人材育成も可能に

社員の英語スピーキング力を適切に診断することは、効果的な人材育成にもつながります。

海外赴任者のような非常に高い英語力が求められるポジション以外でも、ビジネスで英語を使う場面は様々な職種や仕事の現場へと広がっています。あらゆるビジネスパーソンが「仕事で英語を話すことは、もはや当たり前なのだ」という意識を持つことはとても重要です。しかし、そのすべての人が同じレベルの英語力を目指す必要はありません。

そもそもビジネスにおいて英語は、業務を滞りなく進めるためのツールです。ネイティブ並みの英語が必要な職種もある一方、多くの場合は仕事の相手はネイティブスピーカーとは限らず、ノンネイティブ同士で円滑にコミュニケーションがとれれば十分業務遂行可能です。

HR担当者はこうした実情を念頭に、業務の内容とそこで必要な英語コミュニケーション能力を判断し、個々の社員の現在の力に応じた人材育成が可能になります。

受験者のメリット:自分のスピーキング力が客観的に把握でき、モチベーションもアップ!

「知識」を測るテストで高得点を取っても、英語を話す力が伴わないと感じていた受験者は、スピーキングテストを受験することで、自分の現段階での話す力がどのくらいなのか客観的に把握できます。

これまでの英語学習を通じて得た英語の知識と、それをアウトプットする力とのギャップを認識することで、次に何をすべきかが明確になり、学習のモチベーションアップにつながります。弱点であったアウトプット力を強化していけば、頭の引き出しに蓄えた膨大な英語の知識が、素早く適切に、実践の場で活かせるようになるでしょう。

この繰り返しで好循環が生まれます。受験者が目標に向かって努力した結果が、仕事上でのスピーキング力の向上に直結します。

スピーキングテストの選び方

グローバル化が進む今日、コミュニケーション力測定のニーズも高まり、今では多様なスピーキングテストが開発され、目的に応じて選ぶことが可能です。ただ、初めてスピーキングテストを導入する場合、各テストの違いや、何を基準に選べばよいのかなど、わかりにくい面もあるかと思います。

以下では、試験方式、評価基準、結果の出方などを取り上げながら、スピーキングテストにはどのような違いがあるのかをご紹介します。これらの要素について比較検討し、あなたの会社に適したスピーキングテストの選択にお役立てください。

試験方式の違い

試験方式は、試験官(人間)の質問に答えるものと、自動出題に答えるものの2種類です。テストによって、使用するデバイスが異なります。

対面受験
社内に設けた試験会場に、試験官が派遣されて試験を実施。手間はかかりますが、話す相手が目の前にいるため、より現実のコミュニケーションに近い状態で受験することができます。
PCによる受験
指定のPCまたは受験者個人のPCを使って受験します。
スマートフォンでの受験
受験用のアプリをインストールして実施。環境さえ整えば、時と場所を選ばず手軽に受験できのるがメリットです。
電話を使っての受験
携帯電話か固定電話を使用します。アプリは不要で、電話がつながる環境であれば、時間も場所も選ばずに受験できます。

ビジネス英語特化型か

具体的なテストの内容を見ると、ビジネスシーンに関連を持たせてプレゼンテーションやグラフの説明などを含むものと、あえてビジネスに特化していないものがあります。

ビジネスパーソンが受験する場合、ビジネス特化型のテストが望ましいと考えがちですが、ビジネス経験の有無や長短が結果に影響する可能性があることも考慮しましょう。

ところで私たちは、あまり意識せずに「ビジネス英語」という言い方をしますが、ビジネス英語も英語であることに変わりはありません。スピーキングの力全体が伸びれば、当然その力はビジネスシーンでも発揮されるようになります。

評価の基準

スピーキングテストの評価基準は、他の英語テストとは異なります。「話す力」を測るテストとひと口に言うのは簡単ですが、スピーキングとは、話す内容を自分自身で組み立てて、それを英語のルールに従ってアウトプットする複雑な行為です。英語やコミュニケーションに関わる、さまざまな技能や知識が使われますから、スピーキングテストの評価基準は多角的です。どんな点がチェックされるのか、見てみましょう。

文法
まさに英語の基礎体力の部分です。一般的な筆記テストと同じく、スピーキングテストでも評価の対象です。しかし、筆記テストではじっくり考えて正確な文を書いたり、答えを選んだりできますが、スピーキングの場合はそうはいかないことがほとんどです。日常の会話同様、とっさに出てくる英語がどれくらい正確かが評価されます。
語彙
語彙の知識も評価対象です。難しい語彙をたくさん知っているだけでなく、スピーキングで使いこなせることが必要です。
発音
これは筆記試験で測れない、スピーキングテストならではの項目です。採点の仕方は、ネイティブの発音にいかに近いかが基準となる場合もあれば、聞く人が理解しやすいかどうかが基準になることもあるなど、テストによって違いがあります。
流暢さ
1つ1つの単語の発音についてだけではなく、文全体で、または話全体でどれくらい流暢に話しているかを評価します。
文構造
単語やフレーズ、短い文で話しているのか、長くて複雑な文で話しているのかを評価します。
理解力
英語で出題された内容を正しく理解して回答しているかを評価します。
言語機能/タスク
聞きなれない言葉かもしれませんが、「理由を述べる」、「意見を述べる」、「過去の経験を述べる」など、要は言語を使って何ができるかを評価します。
多様な話題への対応力
どんな話題について話すことができるか、その対応力が採点の対象になります。仕事のことについて話せるのか、それ以外の一般的な事柄についても話せるのかを評価します。

全てのスピーキングテストで、上記全てが評価の対象になっているわけではなく、文法や語彙の正確さをより重視するもの、またはそういった正確さに合わせて言語機能や多様な話題への対応力まで総合的に判断するものなど様々です。スピーキングテスト採用の際は、会社が本当に知りたい英語力を測るテストを選ぶことが大変重要です。

評価方法の違い

スピーキングテストの評価方法は、主に2種類です。

コンピュータによる評価採点
コンピュータによる自動採点を行うテストで、AIによる判定を行なっているテストもあります。非常に速く結果が出るのが特徴です。採点者の人件費がかからず、コストが抑えられる分、受験料が手頃なことが多いです。
人による評価採点
採点者のスキルが重視され、しばしば厳格な採用基準やトレーニングを実施しています。採点者による偏りを避けるため、多くの場合、各受験者を複数の採点者が担当します。

コンピュータやAIによる採点は、今後さらに増えることが見込まれます。一方、コミュニケーションという複雑なタスクの評価に関しては、人による評価に長い歴史があります。採点者のトレーニングをはじめ、長年にわたって蓄積されたノウハウに、高い信頼性が寄せられています。どちらにも優れた点がありますので、それぞれの特徴を理解したうえで、テスト選択の参考にしましょう。

試験結果について

試験の結果は、書面(紙)で郵送されてくるか、オンラインで確認をします。

テストを受けてから、結果が出るまでに要する時間は、速ければ受験後5分くらいから、長い場合では2週間くらいと、テストによって幅があります。一般的にコンピュータ採点のテストは、短時間で結果がわかります。

評価が何点刻みで出るかも、テストによって異なります。あまり大きなレベル刻みだと、社内で受験した多く人が同じレベルに偏ってしまい差が見えません。受験後の学習による伸びもわかりづらいので、注意が必要です。

評価レポートに含まれる内容も、テストごとにさまざまですが、点数と受験者が該当するレベルの概要は、ほとんどのスピーキングテストで評価レポートに記載されます。中には、個々の受験者の強みと弱みなどの個別フィードバック、レベルアップのための具体的なアドバイス、効果的な自己学習法の紹介などが含まれた、学習者目線の試験もあります。

試験結果をCEFR基準で出しているテストもあります。CEFRとは、日本語で「外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠」と呼ばれる国際指標です。多言語社会のヨーロッパで、すべての言語に適用可能な学習状況の評価や指導の方法を、「ものさし」として提供することが本来の目的です。CEFRは世界で広く認知され利用されていますので、海外赴任などに際し、「この社員の英語力はCEFRのB2レベルです」などと提示することもできます。

<参照(英語)>
https://www.coe.int/en/web/common-european-framework-reference-languages

試験結果としてどのような情報を期待するかも、スピーキングテスト選びのポイントです。

社内英検を成功させるためのポイント

前述の通り、各テストの違いを十分に理解して自社の目的に合ったスピーキングテストを選ぶことが大切です。それに加えて、社内英検化を成功させるために人材育成や研修担当者が知っておくべきポイントを紹介します。

手配や準備の煩雑さ

スピーキングテストを採用すると、受験の申し込みから試験結果が出るまでの間に、担当者は、さまざまな手配や準備を行なうことになります。細かい内容はテストごとに異なりますが、だいたいのところを知っておきましょう。

会場手配・資材授受
試験会場として、会議室の確保が必要となるテストがあります。また、指定の資材がある場合は、その授受を行ないます。電話を使って受験するテスト、スマートフォン等にアプリをインストールして受験するテストでは、多くの場合こうした手配は不要です。
スケジュール管理
24時間いつでも受験できるテストがある一方、決められた時間に受験しなくてはならないテストもあります。後者の場合、担当者はどの受験者がどの時間枠で受験するか、スケジュール調整を行ないます。
受験の案内
受験の詳細は、受験者あてに自動で直接通知される場合と、担当者が受験者に通知しなければならない場合があります。具体的に何が自動通知で、担当者がしなければならない作業はどの程度あるのか、スムーズな試験運用のために重要なポイントです。
受験状況の管理
受験予定者が、うっかり受験し忘れることもありえます。そういった事態を防ぐため、受験のリマインドをする必要があります。そうしたサービスを提供しているテストもありますが、ない場合は、担当者が各人の受験状況を確認し、必要に応じて連絡することになります。
結果の通知
テストの実施運営団体から、受験者本人に直接通知するか、人事にのみ通知するか、選べる場合があります。また担当者専用のウェブサイトで、全受講者の結果を一括管理できるなど、利便性の高いサービスを提供するテストもあります。

成功のポイント

大人数が一斉に受験する場合や、社内英語検定として定期的に受験をするような場合、手配の煩雑さは最小限に抑えたいものです。いくら優れたスピーキングテストでも、その運用に際して担当者に大きな負担がかかるようでは、継続的な利用はしづらいでしょう。

学習サポート

スピーキングテストの実施運営団体には、テストだけを実施する団体と、テストに加えて学習サポートを提供する団体があります。以下のようなサービスが提供されます。

英語研修
グループまたは個人に対して、担任講師が指導。毎回同じプロの講師から指導を受けられるので、大きな効果が期待できます。従来は対面型研修が主流でしたが、コロナ禍でオンライン研修が増えています。
自己学習サポート
自立した学習者として、ひとりでできる学習法のノウハウを紹介し、自己学習の動機づけをします。また、自己学習に適した教材の紹介もします。

成功のポイント

テストは受験するだけで終わりではなく、その先のスキルアップへの入り口になります。どんな形で社員の受験後の学習やトレーニングのサポートを行うか、テスト導入と同時に計画を立てることが社内英検の成功の秘訣です。


ますます国際競争力の強化が求められるビジネスの現場。グローバル人材の育成や組織全体の英語力の底上げが急務です。社員の現在の英語スピーキング力を可視化し、次のレベルへの学習意欲を刺激するスピーキングテストの導入がその目標達成への大きな一歩となりえます。

更に詳しいスピ―キングテストの解説は、以下セミナーでもご案内いたします。
スピーキングテストにどんな種類があるか、何が測れるか、信頼性や利便性は、などの疑問にお答えします。初めてスピーキングテストの導入を検討している、または今採用している英語力評価制度が十分でないと感じている人事・研修ご担当の皆様にお勧めのセミナーです。

【オンライン開催】

失敗しない「英語スピーキングテスト」導入

~社員の英語コミュニケーション力を見える化するには~

※本セミナーは、Zoomでの開催となります。

日 時 2021年10月8日(金)14:00~15:00
会 場 インターネット環境があるお好みの場所でご受講いただけます。
定 員 先着30名様
対 象 企業の人事・研修 ご担当者様

アルクエデュケーションでは、24時間どこからでも電話で受験可能な英語スピーキングテスト、TSSTをご提供しています。スピーキング力アップのための豊富な学習サポートもご用意しております。5名様まで、無料サンプル受験受付中です。

無料サンプル受験受付中