TSST利用規約

第1条 (本規約の対象)

「TSST利用規約」(以下「本規約」といいます。)は、株式会社アルク(以下「当社」といいます。)が提供する英語スピーキングテスト「TSST」(以下「本テスト」といいます。)を申し込まれた法人(以下、「顧客」といいます。)、および実際の受験者(以下、「受験者」といいます。)との間の各種の条件を定めるものです。受験者には、法人を通さずに個人で申し込みをした受験者も含まれます。

第2条 (規約への同意)

顧客および受験者は、本テストの申込ならびに本テスト結果の閲覧その他のサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用にあたって、本規約に同意するものとします。

第3条 (顧客および受験者の義務)

1.顧客および受験者は、本テストの申込時に当社が指示する事項を遵守するものとします。
2.顧客および受験者は、本テストの申込時に入力を要求される事項について、真正な情報を入力するものとします。
3.顧客および受験者は、本テストの申込時に別途定める受験料を支払うものとします。
4.受験者は、本テストの受験に必要な機器ならびに受験に適した状態および環境を自己の費用と責任で準備するものとします。
5.本テストの受験は、申込時に受験者として当社に登録された者と同一の者が行なうこととします。申込時に受講者として当社に登録された者と、実際の受験者が異なる場合、本テストの受験を無効とします。

第4条(受験契約の成立および解除について)

1. 顧客は本規約に同意のうえ、当社が別途定める申し込み方法にて本サービスの利用を申し込むものとします。法人を通さずに個人で申し込みをする受験者は、TSST公式ウェブサイトより申し込むものとします。申し込みをした時点で、顧客および受験者が本規約にご同意されたものとみなし、本規約を契約の内容とする受験契約が成立します。
2. 当社の債務不履行による場合を除き、成立した受験契約の全部または一部を解除することはできません。

第5条 (ID・パスワードの管理)

1.顧客および受験者は、当社より提供する本テストの受験や結果閲覧等に必要なIDおよびパスワードを厳重に管理し、第三者に公開、譲渡ならびに貸与しないものとします。
2.顧客および受験者が前項に定めるIDおよびパスワードを第三者に盗用され、本テストが受験できなくなった場合でも、当社はなんら責任を負わないものとします。

第6条 (受験結果に対する異議)

受験者は、本テストの受験結果について、当社に対し異議を述べないものとします。また、通信障害等による録音音声不備、または本利用規約に規定された禁止行為の該当が疑われる場合、評価結果が「評価不能」となる場合があることを了承することとします。

第7条(知的財産権)

本テストのコンテンツ、商標、ロゴマークおよびマニュアル等(以下、「コンテンツ等」といいます。)に関する著作権その他一切の知的財産権は、当社に帰属しています。顧客および受験者は、当社の許可なくコンテンツ等につき第三者への開示、再利用、複製(録音を含む)、蓄積、頒布、売却、譲渡、貸与、翻案、改変等はできません。

第8条(TSSTサービス全般に関わる禁止事項)

顧客および受験者は、本商品を利用するにあたり、次の各号に該当する行為を禁止します。
1. 英語運用能力(出題された質問に対し、受験者本人が「その時その場で」とっさに回答内容を考え、自分の言葉で英語を話す力)を適切に評価する上で妨げとなる試験中の行為
 (1)第三者との会話
 (2)翻訳ツールや辞書の使用
 (3)予め用意した文章を読み上げる
 (4)予め丸暗記したスピーチをリピートする
2. 本テスト音声の一部または全部(インストラクション、試験問題、解答)を録音する行為
3. 本テストの試験問題を当社の許可なく第三者への開示する行為
4. 他の受験者または第三者に危害を及ぼす行為
5. 当社の許可なく本商品に関する営業活動を行う行為
6. その他、本規約に禁止の定めのある行為または次条に定める利用停止原因に該当する行為
7. その他前各項に準じて当社が不適当と判断する行為

第9条 (利用停止)

1.顧客および受験者が以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は受験者による本テストの受験の中止および本サービスの利用を停止することができます。
 (1)本テストの申込時に当社の指示を遵守しない場合
 (2)本テストの申込時に虚偽の情報を入力した場合
 (3)本テストの申込時に受験料を支払わない場合
 (4)前各号の他、当社が受験者による本テストの受験が不適切と判断した場合
 (5)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合。
2.当社は、前項各号に定める事由の他、サーバーメンテナンスその他の事由により任意に本サービスの利用を停止することができるものとします。
3.当社は、前2項の停止によって受験者に生じた損害、損失その他の不利益について一切責任を負わないものとします。

第10条 (不可抗力)

天災地変、不可抗力その他の当社の責めに帰すことのできない事由により、受験者が本テストを受験することができなかった場合、受験者が被った損害、損失その他一切の不利益について当社は何ら責任を負いません。

第11条 (規約の変更)

1.顧客および受験者は、当社の裁量により本規約が任意に変更されることがあることを承諾するものとします。
2.当社は、前項の変更を行なう場合、ウェブサイトを通じて告知するものとします。
3.当社は、本条に定める変更により受験者が被った損害、損失その他一切の不利益について当社は何ら責任を負いません。

第12条 (準拠法および合意管轄)

本規約に関しては日本法を準拠法とし、受験者と当社との間で生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2008年6月5日制定
2020年2月5日改定