これからTSSTを受験される方へ | TSST アルクの英語スピーキングテスト


これからTSSTを受験される方へ

TSSTとは

TSSTはペーパーテストでは測定できない、英語スピーキング能力を把握するためのテストです。 自分の考えを「その時」「その場で」瞬時に話し伝える能力=英語運用能力 を9段階のレベルで判定します。 受験期間中は24時間いつでも電話で受験できます。

TSSTで測る実践コミュニケーション力とは?

TSSTは「その時、その場で」どれだけ英語を効果的に、また適切に使って話す力=純粋な英語の口頭運用能力(スピーキングの基礎体力)を測ります。

流れが決まっている演劇の台本と違い、実生活における日々のコミュニケーションは、予め準備されたセリフを口にするだけでは、成り立ちません。実際の会話は、ビジネスであっても日常会話であっても、相手や場面に応じて何を言うかをその場でとっさに考え、自分の言葉で話し伝える力が必要です。

<例>

  • 困っている外国人観光客に知っている英語フレーズで話しかけたが、相手から返されたことに対して、言いたいことを思うように言えず、うまく会話が続けられなかった
  • 何度も練習して丸暗記した英語のプレゼンはうまく終えることができたが、Q&Aやプレゼン後に英語で質問されてもとっさにうまく説明できなかった
  • 赴任先で業務上の簡単なやりとりは長年の経験やメールに頼れば何とかできたが、現地生活そのものにおけるさまざまな場面の口頭コミュニケーションが難しく、周囲との人間関係づくりに苦労した

TSSTは「言語」の部分だけの純粋なスピーキング力を正確に測るため、さまざまな話題について必然的に長くたくさんの英語を話さなければ回答できない設問ばかりが出題されます。ビジネス経験の差によって試験結果に影響が出ることを防ぐため、特定のビジネスシーンにおける英語力の測定には特化していません。スピーキングの基礎体力が高ければ、場面や話題がビジネスになっても、「その時、その場で」英語を効果的に、また適切に使って話す能力が高くなります。

TSST受験のコツ

日常生活やビジネスで、自分がとても興味があることについて誰かに質問をした場合、相手からはどのような回答を期待するでしょうか。

おそらく、知りたい内容に対して、詳しく、わかりやすく答えてくれることを望むでしょう。逆に、質問と関連性が薄い内容だったり、ポイントがつかめず要領を得ない回答ばかり返ってきたり、相手がひとこと答えただけで黙りこんでしまった場合、それは円滑なコミュニケーションだと感じるでしょうか?

TSSTでは、逆の立場になって、自分にとても興味をもってくれている英語しかわからない人から質問されたと思って、聞き手を意識して話してみましょう。

はっきりと言わなくても相手が意図を察してくれる日本語のコミュニケーションとは異なり、グローバル社会において価値観が異なる人々の中で交わされる英語でのコミュニケーションは、「自分はどう思うのか」「なぜそうなのか」ということをより言葉で直接的に表現し、発信力を重視するスタイルが求められます。それまであまり考えたことがなかったことを質問されることもあるかもしれませんが、「わからない」で終わらせるのではなく、その場で自分で考えたことを積極的に発信しましょう。

受験前に、まず、日常でよく話題にすることや、触れていることを英語で何と言うか確認したり、話せるようにしておきましょう(例:仕事、趣味、家族、地域、など)。テストの最中に話した内容は評価にのみ利用し、評価官は口外しません。
何も話さずに黙りこんだり、話すことを放棄すると、評価が低くなる可能性があります。45秒で無理に話を完結させる必要はありませんので、できるだけ詳しく、たくさん話しましょう。ただし、45秒ただ間を空けずに話し続ければ高い評価につながるわけではありません。話したいことをどれだけ相手に理解しやすく話せているかもポイントです。
実力を最大限発揮できるよう、本番は体調や環境を整え、集中力が維持でき、落ち着いて受験できる時間と場所を選びましょう。

練習問題に挑戦!

本番の試験では10問が出題されます。練習問題で3問に挑戦してみましょう。

練習問題の回答について、以下の項目ができていたか振り返ってみましょう。

自己チェック項目

長い沈黙、過度なつなぎ語や言い直しがない
背景や詳細に踏み込んで話している
語彙選択、文法、発音、構成において聞き手が混乱する要素がない
話の展開がスムーズでわかり易く内容をまとめている

注意事項

TSSTは、出題された質問に対し、受験者本人が「その時その場で」とっさに回答内容を考え、英語を話す力を測ります。

TSSTでは測らないそれ以外の行為が疑われる場合は採点対象外となり、最終結果が評価不能となったり、レベルが低く判定される可能性があります。

  • ご自身に備わっている力のみで質問を解釈し、その場で回答内容を考え、回答してください。第三者と会話しながら受験したり、翻訳ツールや辞書などの力を借りての受験は禁止です。
  • TSSTは英語の音読力や、暗記した文章を話す力を測る試験ではありません。