禁止事項

受験に関わる禁止事項

英語運用能力を測る以外の以下の禁止事項に該当する行為を行ったり、誤解を受けるような音がある場合は、採点対象外となります。最終結果が評価不能となったり、レベルが低く判定される可能性があります。
予め用意した文章を読み上げる
予め丸暗記したスピーチをリピートする
他人が登録された受験者本人になりすまして受験
翻訳ツールや辞書の使用
第三者の力を借りて受験
第三者と会話しながら受験
会話内容に関わらず、援助を受けているとみなします
予め用意した文章を読み上げる 予め丸暗記したスピーチをリピートする
他人が登録された受験者本人になりすまして受験 翻訳ツールや辞書の使用
第三者の力を借りて受験 第三者と会話しながら受験
会話内容に関わらず、援助を受けているとみなします

TSSTは英語運用能力(出題された質問に対し、受験者本人が「その時その場で」とっさに回答内容を考え、自分の言葉で英語を話す力)を測るための試験です。ご自身の力のみで質問を解釈し、その場で回答内容を考え、回答してください。受験者本人がとっさに考えて話した英語ではないと疑われる場合は、評価結果をお出しできません。

コンテンツに関わる禁止事項

本テスト関する著作権その他一切の知的財産権は、アルク株式会社に帰属しています。許可なくコンテンツ等につき第三者への開示、再利用、複製(録音を含む)、蓄積、頒布、売却、譲渡、貸与、翻案、改変等はできません。

次に定める行為を禁止します。

  • 撮影・録画・録音・複写などにあたる一切の行為
  • 方法の如何を問わず、再現(英語での再現に限らない)された試験問題の全部もしくは一部または試験問題の概要を、インターネット・テレビ・ラジオ・メール・文書・講義その他の手段を用いて第三者が閲覧・視聴可能な状態におく行為

>> 「利用規約」はこちら