TSSTとは

TSSTはいつでも、どこでも、電話でわずか15分で英語の実践コミュニケーション力を測ることができる英語スピーキングテストです。

多くの日本人が「ペーパーテストで高得点をとっても、うまく話せない」と実感しています。仕事でも日常でも、実際の会話は、何を話すか事前に全て準備したり、うまくいかなくても途中で巻き戻してやり直すことはできません。 実践では、「その時」「その場で」瞬時に話し伝える能力(=英語の運用能力)が必要となります。 自分の言葉で自分の考えを発信できるグローバル人材がビジネスの現場で今後ますます求められる中、コミュニケーションで本当に必要とされるスピーキング力を測るため、多くの企業や学校でもTSSTが採用されています。

40年以上にわたり理想の語学学習のスタイルを提案し続けている語学教育の総合カンパニー、アルクは英語スピーキング力の重要性の高まりをいち早く察し、1997年より対面インタビュー形式のSST (Standard Speaking Test) の実施を始めました。そのノウハウを生かし、より多くの方に「いつでも、どこでも、手軽に」スピーキング力を測定していただけるよう、電話で受験できるTSSTを開発し、2004年より運用を開始しました。

テスト概要

テスト形式 自動音声による電話を利用したインタビューテスト
テスト時間 約15分
出題数 10問 (回答時間は各45秒)
受験時間帯 受験期間中は24時間受験可能
受験地 日本国内であればどこからでも受験可能
評価 Level 1 (初級) ~ Level 9 (上級) までの9段階
結果 専用ウェブサイトでスコアレポートを閲覧
受験料 8,000円 + 消費税

テスト形式

問題は難易度別にグルーピングされ、コンピューターが抽出します。Yes/Noや単語1つではなく、必然的に長くたくさんの英語を話さなければ回答できない設問ばかり出題され、特に日本人の英語学習者に多いゾーン(TSSTレベル 3 ~ レベル5)を正確に測ることができるように開発されています。

リスニング力がないために答えられないということがないよう、設問は日本語でも読み上げられます。

サンプル問題:
再生ボタンを押すと、問題音声と45秒の回答時間が流れ、実際の試験を体感できます。

回答のポイント

TSSTは、事前準備ができない環境で、どれだけ英語を効果的に、また適切に使って話す力があるかを測ります。実力を最大限に発揮するために、受験前に回答のポイントを確認してみましょう。

回答のポイントはこちら

評価基準

実践で求められる『英語運用能力』=「その時」「その場で」瞬時に話し伝える能力 を4つの評価基準により総合評価します。

言語機能 英語でどのようなことを遂行できるか
  • 理由を述べる
  • 意見を述べる
  • 問題解決し提案する
  • 手順を説明する
  • 苦情を言う、など
話題/場面 どれくらい複雑な状況で、何について話せるか
  • 自分自身について
  • 自分の身の回りについて
  • 時事問題
  • 予期しない困難な場面、など
テキストタイプ どのような複雑さの構文を使い、どう話を構成しているか
  • 単語
  • フレーズ
  • 短い簡単な文
  • 長くて複雑な文
  • 順序立てた理論的な話し方、など
正確さ 聞き手にどれくらい正確に理解されるか
  • 文法
  • 語彙
  • 発音
  • 流暢さ、など

評価結果

英語スピーキングテストは、受験すること自体が目的ではありません。結果を踏まえ、レベルアップのために次にどのようにつなげていくかが大切です。レベルだけではなく、項目ごとのコメントとアドバイス付きのスコアレポートで、ご自分の強みや弱みを把握できます。

スコアレポート 1ページ目
スコアレポート 2ページ目

TSST受験 お申し込み