TSST

アルクの英語スピーキングテスト

TSSTの概要

TSSTとは

TSSTとは、電話で手軽に受験できる英語のスピーキングテストです。手軽に英語の運用能力を測れることから、英語学習者や多くの企業で活用されています。

TSSTは英語に関する知識を問うペーパーテストとは異なり、英語の運用能力を測るテストです。 英単語、英文法、発音など、英語に関する知識を 「その時、その場」 で組み合わせ、話を創造する力を測ります。 話すとは、自ら 「考え」 「創る」 ことです。 受験者に 「考え」 「創る」 ことを迫るような課題を出し、実際に英語で話してもらうことで、国際社会において必要とされている英語の運用能力がどれだけあるかを評価します。

TSST誕生の経緯

テスト概要

テスト形式 自動音声による電話を利用したインタビューテスト 詳細
テスト時間 約15分  
出題数 10問 (回答時間は各45秒)  
受験時間帯 受験期間中は24時間受験可能  
受験地 日本国内であればどこからでも受験可能  
評価 Level 1 (初級) 〜 Level 9 (上級) までの9段階 詳細
結果 専用ウェブサイトでスコアレポートを閲覧 詳細
受験料 8,000円 + 消費税 ※下記参照 詳細

受験料改定のお知らせ:
2012年8月1日受験開始のお申し込みより、個人受験の受験料が 8,000円(税別)に改定になりました。

お申し込みから結果が出るまでの流れ

TSSTには、個人で申し込み受験する 「個人受験」 と、企業や学校など団体で申し込む 「団体受験」 があります。

お申し込みから結果が出るまでの流れ

  • TSSTの概要
  • テスト形式
  • テスト結果
  • 受験料