TSST

アルクの英語スピーキングテスト

FAQ:評価結果

試験結果はお申し込み時に予定されている日程より早くお知らせすることはできません。結果通知日程をご確認のうえ、お申し込みください。

受験期間中のどのタイミングで受験しても、試験結果はお知らせする日程は同じになります。早く受験したからといって、早く結果が出ることはありません。

TSSTをご採用いただいている企業では、社員を海外に送る目安として活用したり、英語研修の効果を測る目安にするなど、様々な方法で試験結果が活用されています。国際社会におけるコミュニケーション能力を求める企業においては、TSSTへの関心が高まっています。採用企業・団体が年々増えていることからも、今後TSSTが広まることが期待されます。

また、英語学習者は、たとえ英会話レッスンを受けていても、客観的に自分の英語運用能力を知る機会が少ないと思われます。定期的にTSSTを受験することで、自分のスピーキング力の上達が確認できますので、学習意欲の向上につながるでしょう。

記載していただけます。履歴書に記載する際は、人事ご担当者が分かりやすいように、“TSST (英語スピーキングテスト)” と記載することをお勧めします。

TOEIC® スコアとの関連を調査したところ、おおよその相関関係が認められるものの、ひとつのTSSTレベルにおけるTOEIC® スコアが分散されているため、個人差が大きいと言えます。これは、ペーパーテストとスピーキングテストが性質の異なる能力を測るテストだからだと考えられます。詳細はこちらでご確認ください。

まずは、「回答のポイント」「レベルアップ学習法」 をご確認ください。たくさん話せるようになるためには、日頃から自然な英語を聞き、英語で考え、英語で発話するよう心がけるといいでしょう。

また、疲れている時に受験すると最大限の力を発揮できない可能性があります。集中力が維持でき、落ち着いて受験できる時間と場所を選びましょう。

レベル別に教材をご紹介しております。レベルアップ学習法をご覧ください。

よくある質問の一覧に戻る

  • FAQ 一覧
  • お申し込みについて
  • 受験について
  • テスト内容・評価方法
  • 評価結果について
  • ログイン